結婚指輪のミル打ち

結婚指輪のアレンジで人気のあるミル打ちとはどのようなアレンジなのかというと、結婚指輪に細かい地金の粒を連続して打刻していく装飾技法になります。シンプルな結婚指輪にミル打ちを施す事によって、追加された地金が規則正しく並ぶようになりますので、優雅さとゴージャスさが追加されるようになります。

実はこのミル打ちは最近できた装飾技法ではなく、昔のアンティークジュエリーなどにも施されている歴史ある技法として知られており、指輪だけでなくその他のジュエリー全般に行われております。まるで結婚指輪にレースの模様が施されたようなゴージャスさを堪能する事ができる上に、結婚指輪の最低条件である、家事や育児をしていても邪魔になるようなデザインではありませんので非常に人気があるのです。

指輪をはめるミル打ちのミルは、ラテン語で千の粒という意味のある言葉です。その為、結婚指輪などジュエリーにミルを施す事によって、長寿や永遠、子宝といった意味を込める事ができます。おめでたい結婚指輪に向いているアレンジであると言えます。ただ、このミル打ちには、かなり高い熟練の技術力が必要になります。その為、依頼する際はしっかりと業者を見極めるようにしましょう。熟練の職人がいるような技術力の高いところに任せることが大事です。

推奨サイト・・・結婚指輪のアレンジ「ガラ おかちまち」